FC2ブログ

そ〜すわ〜くす

北海道の旭川市を中心に、活動している「SourceWorks」というAcousticUnitをやらせて頂いてます。自主制作音源の録音の様子やライブ等の活動を中心に、ゆる〜く綴ってまいります。お暇な時にでも目を通してやってくださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽器と身体

VocalRec、けいこちゃん大変そうです。。。
今回は体調が良くないようで、色々と試行錯誤しながら、何度も歌い直していました。
何だかんだで100takeは超えてたかと思います。

喉と腹式微妙に使い分ける、けいこちゃんの発声スタイルですが、オペレーター側から見ると、あまりtakeを重ねさせるのはかわいそうになっちゃいます。汗
今後もRECは続くので、二人でペースを上手く調整しながら、頑張ってます。


自分も歌う機会があるので、Vocalistの大変さはとてもよくわかります。
身体が楽器な訳ですから、ブースに入る時間が近づくにつれ、ナーバスになったり、デリケートになったりシビアになったり・・・
単純に歌う事を楽しむ!って根本的な事ですら忘れてしまいそうになります。

今日は声が出るだろうか。

歌う前は○○は食べないようにしよう。。。

前日は部屋の湿度を保って、早めに寝て、早めに起きよう。。。

極力少ないtakeでいいtakeを残そう。。。

まだまだ数え切れない程、気をつけなければいけない事が、人によってはあったりします。
(人によっては、何も気にしなくてもバッチリ決めちゃう人もおりますが。。。)

これは楽器を演奏するプレーヤーにとっても言える事だったりしますが、楽器のや身体のコンディションって意味で考えると、Vocalistって凄く大変ですよね。
突き詰めたところまで行ってしまうと、どのパートも変わらないって話にもなってきますが。。。

僕もプレーヤーとしてドラムのRecをする時がたまにありますが、体調が悪いと・・・どんなに体内リズムの訓練をしてても、テンポがもたってしまったり、ドンカマ(Click)がいつもより早く感じてしまう時があります。汗
そんな時は、とってもいけない事ですが・・・(あ・・・今日だめかも・・・汗)って思いながらtakeを重ねている場合があります。汗

一人でRECの時は、そうそうに切り上げますが、Staffが居て、箱の時間が決められている場合は、その中でも極力良いtakeを残せるように、集中し直すように嫌でもしなきゃならない訳です。

RECは、大袈裟に言えば・・・
半永久的に世に残ります。

それを考えると、大変な作業です。

神経を使うのは当然のことかもしれません。

日々変化する自分の身体が楽器なVocalistは・・・とても大変なパートなのかもですね。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/05(月) 12:00:35|
  2. レコーディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AcousticGuitarRec | ホーム | Vocal本Rec開始。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sourceworks.blog.fc2.com/tb.php/6-b34f6660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。