FC2ブログ

そ〜すわ〜くす

北海道の旭川市を中心に、活動している「SourceWorks」というAcousticUnitをやらせて頂いてます。自主制作音源の録音の様子やライブ等の活動を中心に、ゆる〜く綴ってまいります。お暇な時にでも目を通してやってくださいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Vocal本Rec開始。


プリプロチェックがほぼ終わり、先日からけいこちゃんのVocalRecが始まりました。

プリプロ時のVocalRecでは、けいこちゃんに何種類かマイクを使ってもらいましたが、僕もけいこちゃんも「RODEのNT1」が好印象だったので、今回はすべてこの1本でRecすることにしました。
マイクプリはFocusliteのVoiceMasterを淡くコンプをかけて、サチュレーションもEQもほぼフラットでPCに入れてます。

今回は「上手く」歌うって事よりも、「雰囲気」を大事にしたかったので、けいこちゃんは「曲」のテンションだったり、表現だったりに相当な神経を使って歌ってました。
時間が経つにつれて自分に厳しくなってみたり、僕に感想を聞く前に「もっかい歌わせて!」と気持ちを切り替える動作をしたりと・・・・とても頑張ってます。
それをコントロールルームから見てると「いい感じにRec慣れしてきてるなぁ・・・」と、自分もオペレートする作業に自然と力が入ります。笑
「いい作品にしよう!」とそれぞれ頑張っているって感じがして嬉しくなります。

当たり前の事なんですが、Recでは誰しも「いいもの」をイメージして頑張っているわけですが、時としてそれが悪い方向に力が働いてしまうことも多々あります。
思い通りにいかない事が続いてしまった時に、諦めてしまったり、妥協してしまったり。。。
これは誰にでもある事です。
ただ、時間は待ってくれないので、「今日がだめなら明日がある」ってのもケツが決まっていれば出来ない状況もあるので、CDが出来たとしても「悔しい」って箇所はあったりします。
自分達が使える「時間」の中で、よりよいものを作るためには、やっぱり日々の努力や研究、そしてなによりも作品をつくる時の雰囲気が大切になってくると・・・・僕は思ったりしてます。
僕の周りのミュージシャン、Recしたら上手くなった!ってケースがいっぱいあります。多分、その間に努力をしていたって事なんでしょうね。

うちの相方ちゃんも、試行錯誤しながら足掻きながらも、頑張ってRecに挑んでます!
楽しみにしててくださいねぇ〜!
でも俺の演奏には期待しないでくださいね〜!笑
スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 12:00:12|
  2. レコーディング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楽器と身体 | ホーム | RECの様子。バック編2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sourceworks.blog.fc2.com/tb.php/5-f9860ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。